ネットによる風評被害は名誉毀損で訴えられるのか

ネットによる風評被害は名誉毀損で訴えられるのか

ネットによる風評被害とは、ネット上で行なわれる好ましくない風評の流布による害のことです。近年のネット環境の発達によりこれらの被害は増加傾向にあります。

ネットによる風評被害に対しては、法的な対策を講じることで名誉棄損などの責任を問うことは可能です。

ただし法的な解釈は難しいこともあり、どこからどこまでが適正なのか名誉棄損なのかを判定するのは困難な場合もあります。

特に自然災害のようにその責任の所在がどこにあるのか不明確な場合は、対策が難しい場合が多いです。

そのため名誉棄損などの責任を問う前に被害証拠を充分に集めることや、風評を流布している情報源と話し合いを持つこと、弁護士などの法律の専門職や公的機関などと連携して協議を行なうことが必要になります。

名誉毀損で訴えるためにはどうしたらいいの?

名誉毀損で訴えるためにはどうしたらいいの?

表現の自由は、誰もが自然と所有する大事な権利です。表現の自由が法律によって守られているため、日本人は権力に弾圧される事なく、意見を発表したり、自分の思想を集会で広めたり、ネットで気軽にコミュニケーションが交わせます。

ただ、一方で表現の自由を盾にして、名誉毀損を繰り返す人々が増えてきました。特定個人を名指しして名誉毀損する事は立派な犯罪です。

いわゆる事実の出来事だったとしても、公に特定個人を執拗に誹謗中傷すれば、名誉棄損という犯罪になります。

他人の過去の犯罪歴を、まるで無関係の場で公に発信したり、議論の真っ最中に自分が負けそうだからといって、相手の風貌などを誹謗中傷すれば、それは立派な名誉棄損です。

名誉棄損で相手を訴えるためには、弁護士に相談するのがベストな方法です。

ネットの風評被害を訴えるためにかかる費用は?

ネットの風評被害を訴えるためにかかる費用は?

ネットの風評被害を訴えるためには、多額の費用が発生することがありますが、いち早く信頼のおける相談先を見つけることが大事です。

最近では、風評被害の対策の立て方について、さまざまな媒体で紹介が行われることがありますが、実績のある法律事務所に在籍しているスタッフの経歴に注目をすることがおすすめです。

その他、ネットの風評被害の状況に関しては、それぞれのケースによって、大きな違いが出ることが分かっており、なるべくアフターサービスの内容がしっかりとしている法律事務所に対処を依頼することがコツです。

そして、まずは風評被害を解決するための費用の相場を欠かさずにチェックすることが重要なポイントとして挙げられます。