「サジェスト機能」とはどういう機能?

「サジェスト機能」とはどういう機能?

インターネットを利用している人の中には、検索エンジンを使って調べ物をする人も多いです。検索エンジンの入力枠に検索したい文字を入力すると、候補が自動的に表示されますが、この機能をサジェスト機能と呼びます。

サジェストとは、示唆するという意味があり、検索対象について、これではないかという候補を示してくれるのです。1度も入力したことがない単語でも候補として表示されるのも、サジェスト機能の魅力のひとつです。

表示された候補から目的の単語を選ぶと、最後まで入力する必要がありません。漢字やスペルを途中まで入力すると、候補が表示されるので、時間の節約にもなります。

ただ、便利な一方で、企業や個人のネガティブな情報を含むキーワードも候補に表示されるという問題点もあります。

サジェストにネガティブワードが出ていたらどうしたらいい?

サジェストにネガティブワードが出ていたらどうしたらいい?

サジェスト機能は便利なものですが、ときとしてそれは諸刃の剣となります。もし、ネガティブワードが自動的に出てきてしまうと、個人や法人にとって大きなイメージダウンです。

しかも、主導している特定の相手がいるわけではありませんので、厄介な問題となりがちです。その有効な対処方法としては、逆SEO対策があげられます。

これは、検索結果に優位なキーワードを上位に押し出すことによって、ネガティブワードを下げていく方法です。これにより検索結果との関連性を切り離し、サジェストを解除していくのです。

誰もが気軽に検索サイトを使える時代ですから、適切な対処方法を用いることを心がけなければなりません。専門業者などの手も借りつつ、サジェストを優位にしていきましょう。

検索結果に優位なキーワードを上位に押し出す事を得意とする専門の会社はたくさんありますが、やはりポイントとしてはサジェスト機能をフルに使っている会社が優位になるでしょう。

サジェストや虫眼鏡による風評被害を対策する方法

サジェストや虫眼鏡による風評被害を対策する方法

サジェストや虫眼鏡による風評被害のリスクについては、ここ数年のうちに様々な媒体で詳しく紹介されることがあります。

そこで、数々のリスクを回避するにあたり、大手の企業のサジェスト対策の現状を調べることで、将来的なトラブルを避けることができるといわれています。

現在のところ、サジェストや虫眼鏡の状況について、多方面の媒体で取り上げられることがありますが、いざという時に備えて、専門の会社のスタッフなどから無料でアドバイスをもらうことがコツです。

その他、風評被害を防止するために必要なコストの相場に関して知っておきたいことがあれば、ベテランの弁護士や司法書士などとコミュニケーションを図ることも大事なポイントとして位置づけられています。

どうしても弁護士や司法書士に相談をするのは敷居が高いと思うのならば、やはり風評被害や誹謗中傷を専門とした会社に相談をしてみるのが第一歩でしょう。電話をして相談をする分にはお金は取られませんから気軽に相談してみましょう。