ネットでの風評被害によるリスク

ネットでの風評被害によるリスク

ネットの風評被害は、ネット上に展開される掲示板の書き込みによる方法で行われ、多くの人がアクセスして閲覧できることで閲覧した方に認知され、噂として広がります。

書き込んだ当人は、書き込んだことが将来的に風評として広がるのを意識しないで、個人や企業にたいして恨みの感情から、そのまま嘘を並べた情報を書き込むという悪質なケースが多いです。

そのリスクは個人であれば、その人の社会的信用を陥れ、また企業であれば、ブランドイメージの低下と売上の減少といった経済的損失を被る形になります。

他にもネットの風評被害により、会社なら倒産、店舗なら閉店に追い込まれるケースも見られます。

そのためネットの風評被害によるリスクや損失は計り知れない特徴を持っており、一度の書き込みなどで広まってしまったことは容易に消すことができない厄介な問題も抱えています。

「デジタルタトゥー」の怖さについて

「デジタルタトゥー」の怖さについて

最近、注目を集めている造語が、デジタルタトゥーです。デジタルタトゥーとは、インターネット上に投稿された書き込みが、タトゥーのように残ってしまうことを示しています。

インターネット上では、軽い気持ちで投稿したものが、あっという間に拡散してしまいます。

写真が投稿サイトに載ると、ネットユーザーによって身元が特定され、個人情報が一瞬にしてネット上に上がるケースは少なくありません。

軽はずみな投稿によって、大きなダメージを受けた人は多いのです。デジタルタトゥーの怖さは、世界中で認識されつつあり、慎重に投稿する人が増えています。

SNSでは、投稿した場所が公開され、スマートフォンであれば、GPS機能で位置情報がわかります。パソコンでもIPアドレスが判明すれば、だいたいの位置が把握できるので注意が必要です。

ネットによる風評被害の実例

ネットによる風評被害の実例

近年インターネットの普及率はますますそのスピードを上げています。幅広く世間一般に使用されるようになった現代社会においては、人々の生活の利便性を格段に挙げました。

震災時にはSNSを利用して被害状況や被災者の声がいち早く届けられたこともあります。ネットは自分の個人情報を知らせることなく匿名で簡単に情報を発信する事が出来ます。

その事が普及率の高さの理由にも繋がっていますが、安易に匿名で情報を書き込めることが、インターネットによる風評被害を数多くもたらしているのです。根も葉もない根拠のない書き込みによって受ける被害は重大です。

例えば、遅刻や無断欠勤、勤務態度などの問題などで注意を受けて辞職した元職員が勤めていた職場に逆恨みをし、ネットに働いていた職場環境の劣悪さ職員のパワハラなど根も葉もない悪口を書き込むとします。

そういったことが書き込まれることによって、その後の企業の採用状況にも悪影響が出てしまう場合もあります。